事業承継のご相談はこちら
  • 電話0800-170-5511

    受付時間 9:00~18:00
  • お問い合わせ 無料

「人」、「資産」、「知的財産」の承継とは

(1)「人」の承継

事業承継での「人」の承継とは、「経営権」の承継のことをいいます。
つまり、現経営者の代わりに経営を担うことです。
中小企業においては特に社長の権限が大きいため、「人」の承継とは、事業承継でとても重要なところになります。
現経営者が今まで行ってきた事業を、誰に引き継ぐかというのを決めることは、今後の会社の将来を決めるといってもいい大仕事になります。
そして、後継者側からもその覚悟や意思表明をしてもらうということも大事です。
後継者を決め、育成し、経営権を渡し、引き継いでいくことこそが、「人」の承継です。

(2)「資産」の承継

「資産」の承継とは、事業運営に必要不可欠な資産を後継者に承継させることをいいます。
主に経営者の保有する株式や事業用資産(設備・不動産)、資金(運転資金・借入等)があります。
資産の承継には、所得税や相続税、贈与税等の税負担が伴い、後継者の側としても資金調達に関して対策を考える必要も出てくるかもしれません。

(3)「知的資産」の承継

知的資産とは、目に見えない会社の強みを承継することをいいます。
知的資産とは、経営理念、従業員の技術や技能、ノウハウ、経営者の信用、取引先との人脈、顧客情報、知的財産権(特許等)、許認可などがあります。
こういった知的資産は、目に見えない経営資源であるため、承継すべき経営資源として、たびたび見落とされてしまうことがあります。
しかし、実際にはこの部分が会社の強みであり、核であるため、知的資産を承継するということもとても重要になります。
そのためにも、事業承継のタイミングで、自分の会社の強みは何か、今まで成長してきたことは何故なのかといった部分を見える化する必要があるでしょう。そして、後継者にもそれを伝承することで、会社をさらに成長させていくことができるのです。

以上のことから、事業承継において「人」、「資産」、「知的資産」の承継を考えることは必須であり、事業承継に欠かせない経営資源となります。
事業承継においては、専門家に相談して、「人」「資産」「知的資産」の承継を進めてもらうことが成功の一つの方法になるでしょう。

詳しい事務所情報は下記をご覧ください!

  • ホーム
  • 相談の流れ
  • 事業承継の基礎知識
  • 専門家紹介
  • よくご相談いただくケース
  • アクセス
  • Q&A
  • 問い合わせ
富山での事業承継のご相談は 富山事業承継センターにお任せ下さい!
初回相談無料
PAGETOP