事業承継のご相談はこちら
  • 電話0800-170-5511

    受付時間 9:00~18:00
  • お問い合わせ 無料

廃業・清算について

事業承継をしないとなった場合に取る選択肢が、廃業・清算になるでしょう。
廃業を選ぶ場合には、いくつかの理由が考えられます。

業績の悪化や将来性を考えた上での廃業・清算

一番の理由は業績の悪化や将来性を考えた上での廃業・清算となります。
また、ここ最近の廃業に繋がる大きな問題の一つは、後継者がいないことです。
親族内や従業員に後継者となる人が見つからず、強いられた廃業を選ぶという企業もあります。
もしくは、M&Aをしようと思っても、買い手となってくれる企業がないといったケースもあるかもしれません。

業績が黒字にも関わらずにする廃業・清算

なんと驚くことに、業績が黒字にも関わらずにする廃業・清算もあります。
その理由としてはいくつかありますが、以下のような理由が多いようです。
「自分の代で終わらせようとしていた」
「後継者がいない」

後継者が不在というのは事業承継にとって一番の課題です。
しかし、早くから事業承継の準備を始めていれば、廃業を選ばずに済むケースも多いのです。
もしかしたら、親族内から後継者になりたいと思っていた人が見つかったかもしれませんし、取引先や同業者組合などから後継者が見つるかもしれません。
業績が黒字である場合は、継ぎたい人や、その企業を買いたい人も多いです。
早くから事業承継の準備を進めておくことが良いでしょう。

廃業・清算による各方面への影響

廃業・清算は、社長の家族は勿論のこと、従業員や取引先にも大きな影響が出ます。
そのため、業績が悪くない企業では、事業承継を考えていくべきでしょう。

会社を創業し、成長させ、業績を上げるということは、とても一長一短では出来ません。
きっと多くの苦労をされ、ここまで会社を大きくしてきたのだと思います。
そこまでしてきた企業であるならば、それは後世へと継いでいくべき財産ではないでしょうか。
そうすることで、従業員や取引先も守っていく事ができます。

事業再生型承継・事業再生型M&A

業績が悪く、廃業や清算を考えている場合でも、まだ可能性はあります。
それが、事業再生型承継や事業再生型M&Aです。

これは、会社分割や事業譲渡などを活用して行います。
例えば、事業再生型M&Aにより、第三者からの支援による再生をすることができることもあります。
会社分割等により、業績の良い事業の一部だけを切り離して売却することにより、企業の存続や、従業員の雇用を守れる方法になります。

そのため、業績が悪くても、何か方法があるかもしれません。
無料相談を行っておりますので、一人で背負い込まずに、是非一度ご相談下さい!

お電話での面談予約
予約専門TEL:0800-170-5511

メールでの面談予約>>

詳しい事務所情報は下記をご覧ください!

  • ホーム
  • 相談の流れ
  • 事業承継の基礎知識
  • 専門家紹介
  • よくご相談いただくケース
  • アクセス
  • Q&A
  • 問い合わせ
富山での事業承継のご相談は 富山事業承継センターにお任せ下さい!
初回相談無料
PAGETOP