事業承継のご相談はこちら
  • 電話0800-170-5511

    受付時間 9:00~18:00
  • お問い合わせ 無料

M&Aのデメリット

それでは、M&Aにおけるデメリットとはどのようなものがあるのでしょうか?

(1)買い手を見つけにくい

M&Aをするためには、買い手を見つけることが絶対の条件になります。この部分がM&Aの大きな課題の一つでしょう。買い手を見つけるためには、譲渡会社が買い手にとって魅力的な会社でなければなりません。つまり、業績が上向きであったり、将来性があったり、特殊な技術・ノウハウを持っていたりする必要があるのです。そして、自社の企業価値を算出し、相手と交渉の上で進めていく必要があります。
企業価値については、自分の想像とは違ったことになることもあり、ここに納得できずにM&Aが進まないといったケースもあります。

(2)時間的余裕・妥協が必要

M&Aでは、上記のように買い手を見つける必要があります。買い手がすぐに見つかればよいですが、時間がかかる場合もあります。そのため、事業承継における時間的余裕が必要となってきます。M&Aは、事業がうまくいっている時にこそ、選ぶ方法でもあります。業績が悪くなってきてからでは、買い手を探すのにも時間がかかり、もしかしたら、買い手が見つからないということもあるかもしれません。
また、自社の企業価値についてもある程度妥協する必要が出てくるでしょう。それは、相手がある交渉になるからです。自分の希望や都合だけを押し付けていては、相手は納得しません。ある程度の譲歩を行うことで、交渉は進んでいきます。

(3)ミスマッチが生じる可能性がある

M&Aのメリットとして、シナジー効果(相乗効果)が生まれることがありますが、逆にミスマッチが生じる可能性があることがデメリットとしてあげられます。
これは、思った通りのシナジー効果が生まれないことや、企業の融合がうまくいかずに、従業員の流出や派閥が形成されてしまう場合があります。
そのため、M&Aを進める上では買い手企業をしっかりと見極める必要があります。

M&Aは、親族内や従業員の中から後継者がいない場合でも取れる選択肢ではありますが、その前にもう一度、親族内や従業員で後継者を探してみるというのも方法の一つかもしれません。真剣に相談してみると、意外と後継者として名乗り出てくれるケースもあるそうです。
そのため、事業承継をする際には、事業承継の専門家に相談してみるのがよいでしょう。

詳しい事務所情報は下記をご覧ください!

  • ホーム
  • 相談の流れ
  • 事業承継の基礎知識
  • 専門家紹介
  • よくご相談いただくケース
  • アクセス
  • Q&A
  • 問い合わせ
富山での事業承継のご相談は 富山事業承継センターにお任せ下さい!
初回相談無料
PAGETOP