事業承継のご相談はこちら
  • 電話0800-170-5511

    受付時間 9:00~18:00
  • お問い合わせ 無料

M&Aのメリット

最近、よく耳にする事業承継の類型がM&Aです。昔はM&A(合併と買収)という略語から、あまり良い印象を持たない人も多かったのですが、ここ最近ではそのイメージが払拭されつつあり、M&Aをする企業も増えています。
それでは、この事業承継の類型にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

(1)後継者が見つからない場合でも、事業承継をすることができる

親族内にも、従業員にも後継者が見つからない場合の選択肢として、第三者に事業を承継してもらう方法になります。
現在、事業承継をする企業の3分の2が後継者不在と言われており、そのため、M&Aが活用されるケースが増えてきています。M&Aという方法があることで、後継者不在による強いられた廃業をすることがなくなるといった点は大きな魅力になります。そのため、譲受会社が譲渡会社の技術・ノウハウを受け継ぎ、従業員や取引先も守ることができるのです。

(2)シナジー効果が期待できる

M&Aをしたことによって、シナジー効果(相乗効果)が生まれることがあります。譲受会社は、譲渡会社が育て、守ってきた技術・ノウハウを取り入れることや、販売チャネルを得たりすることで、今まででは考えられない効果を得られるようになります。M&Aをすることで、事業承継をした企業はその事業を成長させるための時間を買ったのと同じことになります。そのため、すぐに大きく業績が上がり、企業が成長する可能性があります。

(3)創業者が利益を獲得することができる

M&Aを行うことで、売り手となる会社の経営者は現金を手にすることができます。
これにより、借入金を返済したり、引退後の生活費等の利益を獲得することができます。

このように、M&Aは周りに後継者がいなくても選べる手法であります。業績の良い会社であれば、買い手も多くなるかもしれません。

詳しい事務所情報は下記をご覧ください!

  • ホーム
  • 相談の流れ
  • 事業承継の基礎知識
  • 専門家紹介
  • よくご相談いただくケース
  • アクセス
  • Q&A
  • 問い合わせ
富山での事業承継のご相談は 富山事業承継センターにお任せ下さい!
初回相談無料
PAGETOP