事業承継のご相談はこちら
  • 電話0800-170-5511

    受付時間 9:00~18:00
  • お問い合わせ 無料

事業承継とは

(1)事業承継とは

事業承継とは、「経営権と財産権の承継」のことです。
中小企業は、株主と同時に代表取締役であることがほとんどです。
事業承継とは、①経営者の交代、②株式の承継、になります。ヒト・モノの承継であり、慎重に対応すべきことになります。
その前提として重要なことは、誰を後継者にするかということです。事業承継は現経営者が人生をかけて育ててきた事業を承継することなので、しっかりと事前準備をして取り組む必要があります。

(2)後継者の選び方

一概に事業承継をするといっても、様々なパターンがあります。
例えば、昔から主流の方法としては、現経営者の息子が次の経営者になるということです。日本で一番多い事業承継の類型になります。これは親族内承継と呼ばれます。
他には、長年社長と一緒にやってきた右腕の従業員が次の経営者になるという従業員承継のケースや、周りに後継者となる人がいない場合に第三者にM&Aという方式で会社を売る方法もあります。

(3)いま、事業承継しなければならない理由

経営者に定年はありません。しかし、必ず事業承継を迎える日はきます。
事業承継は、従業員の生活や取引先との関係等、地域社会に対して大きな影響を及ぼし得る問題です。そのため、事業承継をまだ先の問題と考えないことが重要です。
毎日が多忙のため、事業承継の準備に手が回らない経営者の方は多いと思います。しかし、一般的に事業承継には5年~10年以上の期間が必要とも言われております。そのため、事業承継の準備が遅くなればなるほど、現経営者の健康上のリスクが高まってしまいます。
早めに事業承継を検討しておくことが重要になります。
何から準備すればよいか分からない場合は、まずは事業承継の専門家に相談し、事業承継の計画を立てるところから始めるのがよいでしょう。

詳しい事務所情報は下記をご覧ください!

  • ホーム
  • 相談の流れ
  • 事業承継の基礎知識
  • 専門家紹介
  • よくご相談いただくケース
  • アクセス
  • Q&A
  • 問い合わせ
富山での事業承継のご相談は 富山事業承継センターにお任せ下さい!
初回相談無料
PAGETOP